コロナウイルス感染拡大を受けた追加措置

2021 年 7 月 9 日

インドネシアでは6月中旬ごろから爆発的に感染者数が増えており、7月6日時点で一日の新規感染者数が3万人を超え、新規感染者数は過去最大となっています。大使館からのメールで確認している方も多いと思いますが、7日1日付で、感染拡大防止に関する追加措置が発表されましたので、弊社リーガルチームで確認した内容も踏まえて、主な点についてみていきたいと思います。

 

【Ⅰ.緊急活動制限】

もともと緊急活動制限(PPKM)が出されていましたが、さらに活動が厳しく制限されています。対象地域はジャワ島及びバリ島全域で、主に下記のような内容です。

  1. 必須分野(銀行やインフラ、情報通信など)以外のビジネス活動は、原則100%在宅勤務とする。
  2. 必須分野は50%の人員は在宅勤務とする。
  3. 飲食店の営業は、店内飲食禁止。デリバリーのみ。
  4. マスク着用義務
  5. 礼拝施設は閉鎖
  6. 国内移動には、1回目のワクチン接種証明書および、48時間以内の陰性証明書の提出がもとめられる。

 

国内での陰性証明書については、有効な陰性証明を発行できるクリニックが指定されました。

いまのところ7月20日までとなっていますが、これは暫定的な決定で、延長される可能性もあります。

なお、製造業の多くは必須分野に分類されていますので、工業省の許可を得れば、コロナ感染拡大防止のプロトコルへの遵守及び人員制限(場合によっては)をしたうえで、操業は認められているようです。

 

 

【Ⅱ.インドネシア入国及び入国後の措置】

インドネシア入国及び入国後の措置は主に以下の通りです。

  1. 外国人がインドネシアに入国する場合は、2回のワクチン接種証明書が必要
  2. 入国後の指定淑発施設での隔離期間が、もともと5日間だったのが、8日間へ延長
  3. 外国人の国内移動は、1回目のワクチン接種証明書の提出が求められる。

 

日本ではワクチン接種証明書の発行が、7月中旬以降となる見込みであるため、当面はインドネシアへの入国が難しいということになります。

 

 

【Ⅲ.ビザ査証発給要件】

現在発給が認められている査証について、申請にあたってさらに以下の制限がかけられました。

  1. PCR検査の陰性証明書の提出
  2. ワクチン接種証明書の提出
  3. 隔離に係る同意書への同意

 

このような状況下にあり、6月下旬ごろから、日本に一時避難をされる方が多くなっています。なお8月1日以降、海外在留邦人を対象に、日本に一時帰国してワクチン接種を行うことを希望する人を対象としたワクチン接種事業が日本政府によって行われる予定です。インドネシアでも、政府主導で、無料ワクチン接種プログラム(ゴトンロヨン・プログラム)が行われており、外国人も接種できることとされていますが、いまのところ接種できるワクチンの種類がシノバックなどに限られるようです。そのため、8月以降に一時帰国をして、ワクチン接種後にインドネシアに戻ることを検討されている方も多くなっています。

 

インドネシアでは政府発表が前日などに急に変更されることも多いですので、引き続き状況を注視していく必要があります。

 

« | TOP | »

ページの先頭へ