小規模事業者用の外形標準課税率の変更

2018 年 8 月 6 日

売上48億ルピアまでの納税者に対する法人税制度が、2018年7月1日より改訂になりました。売上48億ルピアまでの納税者に対する法人税率は、以前は売上に対して見做しで1%でしたが(外形標準課税)、これが、0.5%に引き下げられました。

 

標準税率は25%になりますが、納税者の売上規模によって、下記の通りの税率に区分されています。

 

1.年間売上が500億ルピア以上の企業

⇒標準税率25%

 

2.年間売上が48億ルピア以上、500億ルピア以下の企業

⇒48億ルピアまでの総売上に対する課税所得については、12.5%

 

3.年間売上が48億ルピア以下の企業

⇒売上に対してみなし課税率0.5%(pp46、ファイナルタックス)

 

3.の税率が適用された場合、ファイナルタックスですので、既に源泉されている法人税(pph22, pph23)についての還付を受けることはできません。この税率が適用となった年の繰越欠損金は翌年度に繰り越すことができないので留意が必要です。また、この税率は3年間まで適用可能で、4年目以降は上記の1もしくは2の区分の税率が適用されます。

 

今回は0.5%に減税となりましたが、0.25%まで引き下げる、などの案が議論されているようですので、引き続き注視していく必要があります。

« | TOP |

ページの先頭へ