インドネシアの移転価格税制⑤ ~各国間の規定の齟齬~

2017 年 4 月 7 日

皆様こんにちは。フューチャーワークスの片瀬です。インドネシアの移転価格税制に関するコラムを書き始めて1か月が経過しました。後1か月も経たないうちに4月末を迎え、規定上は、移転価格ドキュメントの保存期限が到来します。移転価格による二重課税のリスク(金額的リスク)を勘案しての作成するかしないかの判断、作成する場合のスケジュールの確認、関連会社取引と一致する又は類似する第三者取引の存在(利益率の差異)、無形資産の整理、各国の移転価格の文書との整合、このあたりを重点的に確認してもらえればと思います。網羅的に情報を集めなければ意思決定ができないものでありますので、まずは情報収集を心がけていただければと思います。

さて、前回のコラムにおいて日本で「マスターファイル」、「CbCレポート」の作成がなかったとしても、インドネシアにおいてこれらの書類の保存が必要になってしまっているという日本とインドネシアの規定間の齟齬が問題である旨の記載をしました。ただし、これがインドネシアにおいて実務上どのように取り扱われるかは未だ明確になっていません。

そこで過去に似たような齟齬が発生した日本と中国において実際にどのように取り扱われたかを参考としてご確認ください。中国におけるマスターファイルの保存義務は、「関連会社間取引が2億元(棚卸取引)、4,000万元(役務提供)超の取引がある会社又は限定的な機能、リスクで赤字の会社」とされています。一昨年に日本と中国の規定に齟齬が発生した際には、例え日本において作成義務がなかったとしても、(実務上も)中国に保存しなければならないとされ、日本親会社が対応に追われたという経緯がありました。

 

<参考:日本と中国の比較>

【日本におけるマスターファイル作成保存義務 ※平成28年度税制改正】

①記載項目

マスターファイルの記載項目は、移転価格ガイドライン改定案の別添1に記された記載項目と同様とする

②対象企業

連結総収入金額が1,000億円未満の多国籍企業グループについてはマスターファイルの提供義務を免除する(その他はe-Taxにより、税務署長に提供)

③適用開始年月日

平成28年4月1日以後に開始する最終親事業体の会計年度終了の日の翌日から1年を経過する日までに、e-Taxにより税務署長に提供する必要がある

④言語

日本語又は英語を使用する

 

【中国におけるマスターファイル保存義務 ※平成27年特別納税調整実施弁法(意見募集稿)】

①記載項目

マスターファイルは多国籍グループ企業のグローバル業務の概況を開示する ~以下割愛~

②対象企業

関連会社間取引が2億元(棚卸:30億円程度)、4,000万元(役務:6億円程度)超の取引がある会社又は限定的な機能、リスクで赤字の会社は、同時文書(マスターファイル、ローカルファイル、特殊事項ファイルを含む)作成保存しなければならない

③適用開始年月日

関連取引が発生した年度の翌年の5月31日までに作成保存し、税務局から要求された日から20日以内に提供しなければならない

④言語

中国語を使用する、ただし、原始資料が外国語である場合、中国語の副本を添付しなければならない

 

このような齟齬があり、特に中国における「税務当局から要求された日から20日以内での提出」は(実務上)難しかったために、多額の関連会社取引を行っている企業及び赤字企業についてはマスターファイル及びローカルファイルの作成保存を行いました(マスターファイルは本来親会社が作成するもの)。インドネシアの法律を確認すると「税務当局から要求された日から30日以内の提出」が求められており、こちらも30日でマスターファイル及びローカルファイルを作成するのは(実務上)難しいと思われますので、中国の時と同様に金額的なリスクが高い会社についてはマスターファイル及びローカルファイルの作成を行うことになるかと考えられます。そのために、まずは移転価格調査を受けることによりどれくらいの金額的なリスク(二重課税のリスク)があるかを簡単にでも確認してもらえればと思います。

また、中国においては実際に移転価格の調査を受けている企業の多くが赤字企業です。インドネシアにおいても赤字企業で親会社との取引がある会社に関しては、移転価格調査の対象となり易いために特に注意をしてもらえればと思います(その中でも商社などの簡易的な機能とリスクしか担っていない会社は特に注意が必要)。

いかがでしたでしょうか。次回は調査対象となり易い企業に関して、もう少し踏み込んで書いてみようと思います。もし自社に二重課税リスクがある場合には、今後の取引をどのように変更するか、過去の取引をどのように根拠付けをするか含めて考えていく必要があります。それでは次回もよろしくお願いします。

 

« | TOP | »

ページの先頭へ